バリ雑貨アジアン雑貨通販ApaApa TOP > バリの塩

バリ島の東部、アメッドの塩  ** 海水を太陽の下で干してできた天然の塩 **


むかしから変わらない天秤棒で海水を汲みます

天秤棒をかついで何度も海水を汲み、砂の上にまく、昔から変わらない姿です。
海水を砂にまいて濃い塩水(かん水)をつくり、さらにそれを天日で干すと、塩の結晶ができます。
バリ・アメッドの塩は海水を100%天日で干して作った自然海塩です。
乾季の雨の降らないわずかな期間にしか作れず、 1軒の生産者からは1週間で5kgしか採れない貴重な塩です。

矢印  アメッドの塩はこうやってつくられる
矢印  成分表へ


バリ島アメッドの塩ラインナップ

バリ島アメッドの塩100g バリ島アメッドの塩300g
バリ島アメッドの塩100g バリ島アメッドの塩300g
\ 298(税込)\ 720(税込)
バリ島アメッドの塩1kg バリの天日干し塩チャック付袋入り40g
バリ島アメッドの塩1kg バリの天日干し塩チャック付袋入り40g
\ 2,160(税込)\ 154(税込)

矢印  お客様の声
矢印  アメッドの塩レシピへ

バリ島アメッド

インドネシアのバリ島、その東部海岸にアメッドの村があります。

大きな地図で見る

バリの州都デンパサールから車で約2時間半ののどかな漁村です。
富士山と同じくらいの高さがある霊峰アグン山に守られるように村があります。

アグン山

アグン山から流れ出るミネラルを含んだ川はアメッドの海に流れ込みます。
また太平洋から流れてきた海水はマカッサル海峡をとおり、ジャワ海に入り、バリ島の東、ロンボク海峡を 通ってインド洋にでます。
これを「インドネシア通海流」といいます。
アメッドの海はちょうど太平洋から流れ込んだ海水の通り道になっています。

この海はダイバーさんにとっても人気です。
美しい珊瑚や熱帯魚をたくさん見ることができます。
「アメッドの海は味が違う」とダイバーさん達は言うようです。

最後まで自然の太陽の熱と自然の風でつくった塩だから

一粒 一粒が 大きくて味が濃い!

精製していない自然の塩の色は真っ白ではありません

海水の旨みがギュッと凝縮されています

カルシウム、マグネシウムが食塩の10倍含まれています!
 矢印  成分表へ
生産者のスアラ氏
生産者のスアラ氏


「バリ島アメッドの塩」が「日本と世界の塩の図鑑」に掲載されました。
日本と世界の塩の図鑑 日本と世界の塩の図鑑
薄く灰色に色づいた塩はミネラル感が強く、野性味のある雑味が、
魚介類と好相性、口の中で 溶けるときにフワリと潮の香りが感じられる。


バリ雑貨アジアン雑貨通販ApaApa TOP > バリの塩